Atlasの遠隔支援

スマートグラスでの遠隔支援

Atlasの遠隔支援はスマートグラス端末との相性が抜群です。

スマートグラスの特性を生かして、作業者の作業の手を止めることなく、サポートを行います。

もちろん、タブレットやスマートフォンといった端末でも利用できます。

遠隔支援のメリット

業務効率化

働き方改革における業務の効率化は最重要課題だといえます。

Atlasを利用することで、遠隔地から様々な情報を共有でき、Atlasの持つ様々な機能を活用することで、働き方を大きく変え、効率的な業務を行うことが出来ます。

業務改善、業務効率化

品質向上

人が作業を行う以上、ミスがなくなることはありません。
実際現場で確認してみると、作業者自身では解決できないようなことも多々あります。

Atlasを利用することで、遠隔地からのサポートや指示を仰ぐことができるため、有識者の的確な指示のもと、作業ミスを防ぐことができます。

国内・海外等離れた拠点で生産されている製品も、現場に赴くことなく品質チェックすることができ、的確なアドバイスを送ることで品質向上の教育にも利用できます。

品質向上
品質確認

コスト削減

突発的に発生する障害には、スタッフが現地に出向いて対応する必要があります。
また、ダブルチェックのために2人以上で現地へ出向いて作業を行う場合も少なくありません。

こうした場合でも、インターネット環境さえあれば、Atlasでどこでも情報共有が可能になるため、迅速にサポートやチェックができ、コストが削減されます。
また、迅速な対応によってダウンタイムが短縮され、生産ロスも低減されます。

コスト削減

人材不足へのアプローチ

豊富な経験やノウハウを持つ、いわゆる”ベテラン”の方々が、様々な現場で活躍されていると思います。そういった方々も、退職が近づき、世代交代を迎えることになりますが、専門知識や技術の継承が出来ていない課題があります。
また、少子化における労働人口の減少も課題とされています。

こうした人材不足の課題に対しても、Atlasの情報共有力や機能を活用することが解決へのアプローチとなります

人手不足や人材不足で困っている

遠隔支援の効果が期待できる場面

人に依存した業務がある

技術やノウハウといったことから、対応できる人が限定されてしまう業務がある場合

熟練者・ベテラン

作業場所の距離が遠い

国内拠点、離島、海外拠点といった、数名で行くとなると時間や費用がかかってしまう場合

海外遠隔支援

スキルの差が大きい

若手に現場を任せているが、スキルや経験値に少し不安があるといった場合

現場教育、若手教育、新人教育、トレーニング

人手が不足している

人手が不足しており、ベテランや専門職の方が、全ての作業に対して手が行き届かない場合

人手不足や人材不足で困っている

緊急性が高い

製品の故障や、現場で予期していないことが突発的に起こった場合